遅発性筋痛測定における4種類の疼痛測定法の信頼性 Reliability of 4 Pain Measurements in Assessment of Delayed Onset Muscle Soreness

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 下井 俊典 SHIMOI TOSHINORI
    • 国際医療福祉大学 保健学部理学療法学科 Department of Physical Therapy, Faculty of Health Science, International University of Health and Welfare
    • 谷 浩明 TANI HIROAKI
    • 国際医療福祉大学 保健学部理学療法学科 Department of Physical Therapy, Faculty of Health Science, International University of Health and Welfare

抄録

本研究では,2種類の主観評価結果との一致性により,遅発性筋痛(以下,DOMS)の評価における4種類の疼痛測定法の信頼性を検討することを目的とした。17名の被験者(21.1±1.8歳)に足関節背屈の遠心性収縮課題70回を施行し,DOMSを発生させた。1) VAS; 2) Talag scale; 3) Painmatcher; and 4) 自作疼痛スケール,の4種類の疼痛測定法を用いて,運動課題前,直後,24時間,48時間,72時間後の5回,DOMSを測定した。疼痛スケールを用いた測定と同時に,DOMSについて2種類の主観評価を行った。1つ目の主観評価として,前日に比べて当日のDOMSがどのように変化したかを,主観的変化と定義した。また2つ目の主観評価として,DOMSの左右差を主観的左右差と定義した。主観的変化についても,主観的左右差についても,Talag scaleが有意に高い一致率を示し,他の測定方法に比べて高いκ係数を示した。また,理解しやすさ,返答のしやすさについても,Talag scaleが最も評価が高かった。これらのことからDOMS評価における信頼性の高い疼痛測定法は,Talag scaleと考えられる。<br>

The purpose of this study was to find an appropriate pain scale to assess delayed onset muscle soreness (DOMS). Seventeen healthy subjects (21.1 × 1.8 yr) performed 70 eccentric dorsiflexions in order to induce DOMS. Four pain scale VAS; Talag scale; Painmatcher; and our original scale assessments were conducted at 5 different times: pre-exercise, post-exercise, 24 hours post-exercise, 48 hours post-exercise, and 72 hours post-exercise. Simultaneously, we asked for 2 different subjective assessments, 1) subjective alteration, changes between current DOMS and previous DOMS perceived, and 2) subjective difference between right and left. For the reliability of the 4 pain scales, we calculated the kappa coefficient from the agreement between the alteration of results with each scale and the subjective assessments. The kappa coefficient of the Talag scale was higher than those of the other pain scales, indicating good to fair agreement. The results of this study suggest that the Talag scale is a more reliable pain scale for DOMS assessment.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 22(1), 125-131, 2007-02-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018875519
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8750089
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ