交叉性失語と半側空間無視合併例に対するプリズム適応の効果 Effect of Prism Adaptation on a Patient with Unilateral Spatial Neglect with Crossed Aphasia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渡辺 学 WATANABE SATORU
    • 北里研究所メディカルセンター病院 リハビリテーションセンター Rehabilitation Center, Kitasato Institute Medical Center Hospital
    • 網本 和 AMIMOTO KAZU
    • 首都大学東京大学院 保健科学研究科理学療法学専攻 Physical Therapy Program, Health Sciences Course, Graduate School of Tokyo Metropolitan University
    • 大沢 涼子 [他] OSAWA RYOKO
    • 北里研究所メディカルセンター病院 リハビリテーションセンター Rehabilitation Center, Kitasato Institute Medical Center Hospital
    • 新井 智之 ARAI TOMOYUKI
    • 北里研究所メディカルセンター病院 リハビリテーションセンター Rehabilitation Center, Kitasato Institute Medical Center Hospital
    • 小林 美奈子 KOBAYASHI MINAKO
    • 北里研究所メディカルセンター病院 リハビリテーションセンター Rehabilitation Center, Kitasato Institute Medical Center Hospital

抄録

半側空間無視(USN)は右半球損傷患者に多くみられるが,右半球では空間性注意のネットワークを形成しているため,左半球損傷に比べてUSNの出現頻度が高いと言われている。治療については近年プリズム適応法(PA)が注目を浴びているが,空間表象を再構築することでUSNを改善するといわれている。今回我々はUSNに交叉性失語を合併する右半球損傷患者にPAを実施し,良好な成績が得られた。交叉性失語は生来右利きの人が右半球損傷により失語を生じるというもので,言語中枢が左半球に側性化されていないと考えられる。今回の結果は,空間表象機能は右半球優位のままで脳機能の冗長性が個体内でも生じることを示唆しており,治療法の選択に注意が必要であると思われた。<br>

Unilateral spatial neglect (USN) is commonly observed following right hemisphere injury. Many authors suggest this is because the right hemisphere constructs the network of spatial attention. Recently, prism adaptation (PA) has been reported as a remarkable approach for USN to reconstruct space representation. In this study, a patient with right brain injury with crossed aphasia and USN showed improvement of USN following PA. Crossed aphasia refers to aphasia occuring after right brain damage in right-handers and is recognized as atypical cerebral dominance. The present results suggest that the function of spatial representation was located in the right brain of this patient and redundancy of each cortical function might have been occurring at the individual level. So we need to take care in choosing therapeutic approaches for cases with anomalous dominance.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 22(1), 167-170, 2007-02-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018875651
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8750459
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ