重症急性膵炎における予後予測の早期指標としてのプロカルシトニン, IL-6値の有用性 Utility of Procalcitonin and Interleukin-6 Blood Levels for Prediction of Outcome in Patients with Severe Acute Pancreatitis

この論文をさがす

著者

    • 加藤 昇 KATO Noboru
    • 大阪市立大学大学院医学研究科救急生体管理医学 Department of Emergency and Critical Care Medicine, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 行岡 秀和 YUKIOKA Hidekazu
    • 行岡医学研究会行岡病院麻酔・救急・集中治療科 Department of Anesthesia, Emergency and Intensive Care, Yukioka Hospital

収録刊行物

  • 日本救急医学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Acute Medicine  

    日本救急医学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Acute Medicine 18(2), 31-38, 2007-02-15 

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018881424
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10284604
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0915924X
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ