免疫再構築症候群を呈した後天性免疫不全症候群合併肺結核の1例 A CASE OF TUBERCULOSIS SHOWING IMMUNE RECONSTITUTION SYNDROME AFTER THE INITIATION OF ANTIRETROVIRAL THERAPY FOR HIV INFECTION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は,27歳の男性で,発熱と湿性咳徽を虫訴に近医を受診して,胸部X線写輿にで左肺門部に腫瘤影を指摘された。検査の結果,肺結核と診断され,INH,RFP,EB,PZAにて治療を開始された。血液中のリンパ球が少ないためHIV感染を疑われ,HIV.1抗体(Western-blot法)を測定した結果,陽性であり,後天性免疫不全症候群と診断された。HIV感染症の治療として,ジドブジンとラミブジン・硫酸アパカビルを開始した。肺結核の治療を開始した後は,すみやかに解熱が認められたが,抗HIV薬の投与を開始して10日後から,41℃を超える発熱が出現し,胸部X線写真所見も増悪を示した。免疫再構築症候群と診断し,プレドニゾロン30mg/日を投与した結果,徐々に解熱し,臨床症状および胸部X線写真所見も改善した。

A 27-year-old man admitted for high fever, wet cough and abnormality on his chest radiograph. He was diagnosed as pulmonary tuberculosis, and started treatment with INH, RFP, EB, and PZA. After other examinations, he was diagnosed as having a acquired immunodeficiency syndrome, too. We gave him zidovudine and lamivudine/ abacavir sulfate to treat HIV infection. After starting treatment with anti-tuberculosis drugs his fever alleviated, but after 10 days from the start of anti-HIV drugs, he showed high fever, and abnormality of his chest radiograph exacervated. We diagnosed him as immune reconstitution syndrome, and gave him prednisolone 30 mg/day. His symptoms improved gradually.

収録刊行物

  • 結核  

    結核 82(1), 27-31, 2007-01-15 

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018883713
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    8653510
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ