サイアセタゾンが有効と思われた多剤耐性肺結核症例の1治癒例 A CASE OF MULTIDRUG-RESISTANT PULMONARY TUBERCULOSIS CURED BY THE REGIMEN INCLUDING THIACETAZONE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

結核診断3年後に転入院した30歳男性の多剤耐性結核。入院時すべての一次抗結核薬,二次抗結核薬に耐性であった。入院2カ月後持続排菌と空洞陰影の悪化のため有効薬剤がないまま右上葉切除術(1998年6月)を施行したが,術後気管支撰となり,1カ月後に膿胸腔開窓術を行った。術後3カ月目から培養陰性となったが,術後1年5カ月目に培養陽性となり,左中肺野に透亮像出現し塗抹培養陽性となり,以後持続排菌となった。その後IFN-γの吸入療法などを試みたが効果なく,2001年3月よリサイアセタゾン(Tb-1)を加えた治療に変更した。4カ月目には喀痰培養陰性となり,左中肺野の透亮像も消失し,菌陰性化2年後に治療終了し,3年後も再排菌はなく治癒した症例を報告する。他に有効薬がなく,Tb-1使用後に菌陰性化したことからTb-1が有効だったと判断した。Tb-1は第二次世界大戦中にドイツで開発された薬剤である。日本では1952年に結核の医療基準に採用されたが,副作用のため広く普及しないうちに製造されなくなり,1986年の医療基準からは削除されている。有効な治療薬のない多剤耐性結核の治療に試みる価値はあると思われた。

A 30 years-old-male was referred to our hospital for surgical treatment of multidrug-resistant tuberculosis in April 1998, three years after diagnosis of tuberculosis. All first-line anti-tuberculosis drugs and second-line anti-tuberculosis drugs were resistant on drug susceptibility tests by Ogawa medium. The right upper lobectomy was done because of massive hemoptysis and enlargement of cavitary lesion in June 1998, but this surgical operation was complicated with bronchial fistula and chronic empyema. Open drainage surgical treatment for chronic empyema was done one month after lobectomy. Sputum culture for <I>M. tuberculosis</I> converted 4 months after the lobectomy, but bacteriological relapse occurred 17 months after initial operation. The new cavitary lesion on middle left lung field developed and sputum smear and culture were continuously positive. Immunotherapy with interferon-γ via aerosol didn't show any clinical effect. Thiacetazone, sparfloxcin, pyrazinamide, cycloserine was prescribed after 21 months of the initial operation. Four months after changing the regimen sputum smear and culture converted to negative. Chemotherapy was terminated in June 2003, two years after negative conversion. Three years after the termination of treatment no relapse occurred. We considered thiacetazone was effective in this case, because all of the drugs was companied with thiacetazone were resistant by the drug susceptibility tests and were previously used.

収録刊行物

  • 結核  

    結核 82(1), 33-37, 2007-01-15 

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018883724
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    8653540
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ