Epstein-Barr ウイルスLMP1遺伝子導入による Vimentin と Ezrin の発現増強 The Up-regulation of Vimentin and Ezrin in the Epstein-Barr Virus LMP1 Gene Transfected Cells

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 斉藤 晋 SAITO Susumu
    • 聖マリアンナ医科大学微生物学教室 Department of Microbiology, St. Marianna University School of Medicine
    • 草野 秀一 KUSANO Shuichi
    • 聖マリアンナ医科大学微生物学教室 Department of Microbiology, St. Marianna University School of Medicine
    • 肥塚 泉 [他] KOIZUKA Izumi
    • 聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科学教室 Department of Otolaryngology, St. Marianna University School of Medicine

抄録

Epstein-Barrウイルス (Epstein-Barr virus, EBV) における潜伏感染膜タンパク質1遺伝子 (Latent membrane protein 1, LMP1) の上皮細胞がん化への関与について検討した. LMP1は上咽頭がんに代表される潜伏感染様式II型, リンパ芽球細胞株に代表されるIII型に発現するEBウイルスゲノムにコードされるがん遺伝子である. LMP1遺伝子を導入した上皮細胞株と導入していない上皮細胞株を比較し, 発現したタンパク質を二次元電気泳動 (two-dimensional electrophoresis, 2-DE) と質量分析 (mass spectrometry, MS) を用いた定量的解析を行った. その結果, LMP1の発現により発現量が変動する8種類のタンパク質を同定することができた. その中には, 以前から指摘されていたVimentinの増加と新たにEzrinが増加していることが明らかとなった. その結果はウエスタンブロットにより確認された. VimentinとEzrinは共に細胞骨格に関与するタンパク質であり, 種々の報告により腫瘍の発生や高転移性に大きく関わっていると報告されている. LMP1遺伝子の上皮細胞への導入によるVimentinとEzrinの増加は, LMP1遺伝子が上皮細胞の腫瘍造成や転移に深く関与していることが示唆された.

Epstein-Barr virus (EBV) is associated with the development of a variety of highly metastatic carcinomas, including nasopharyngeal carcinoma (NPC). EBV-encoded latent membrane protein 1 (LMP1) is essential for B-cell transformation. In this study, we used two-dimensional differential gel electrophoresis (2D-DIGE) and liquid chromatography-tandem mass spectrometry (LC/MS/MS) to study the mechanism behind tumor invasion and metastasis. Eight proteins, including Vimentin and Ezrin, were identified from the alteration of expressed proteins in HEK-293 cells responding to LMP1 gene transfection. Vimentin is a major protein of the mesenchymal intermediate filament, which maintains the cytoskeleton conformation. Ezrin is also an essential protein that links the cell membrane to the actin cytoskeleton. The up-regulation of Vimentin and Ezrin in the LMP1 gene-transfected cells suggests that EBV LMP1 is involved in the progression and metastasis of NPC.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報  

    日本耳鼻咽喉科學會會報 110(1), 24-31, 2007-01-20 

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  37件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018883841
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    8665713
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ