内視鏡的に摘出しえた食道穿通性有鈎義歯の1例 A CASE OF PENETRATING ESOPHAGEAL FOREIGN BODY (DENTAL PROSTHESIS WITH SHARP CLASP) TREATED WITH ENDOSCOPIC REMOVAL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森脇 義弘 MORIWAKI Yoshihiro
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター 高度救命救急センター Critical Care and Emergency Center, Yokohama City University Medical Center
    • 荒田 慎寿 ARATA Sinju
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター 高度救命救急センター Critical Care and Emergency Center, Yokohama City University Medical Center
    • 杉山 貢 SUGIYAMA Mitsugi
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター 高度救命救急センター Critical Care and Emergency Center, Yokohama City University Medical Center

抄録

 76歳男性の大型有鈎義歯誤飲食道刺入例に対し,気管挿管,全身麻酔下に,義歯の鈎の刺入部近くをワニロ鉗子で把持し,鉗子先端と内視鏡先端を近接させ,内視鏡に鈎の刺入方向と反対周りの回転を与え,食道壁に刺入した鈎を外し摘出した.摘出後の確認内視鏡で穿孔を確認したが,CT上縦隔気腫はわずかで保存的に経過観察しえた.食道刺入有鈎義歯の内視鏡的摘出には,鈎の刺入方向と反対周りの水平方向回転が有用と思われた.

We reported a case of penetrating esophageal foreign body (dental prosthesis with sharp clasp). A 76 year-old-man was treated with endoscopic removal using following horizontal rotation technique ; we grasped the clasp by endoscopic forceps, pulled the forceps near the tip of endoscope, and rotated endoscope with forceps in the direction opposite to insertion of the clasp, resulting in successful romoval from the esophageal wall. Although post-romoval endoscopic examination revealed esophageal perforation, we can treated the patient with non -surgical procedure because of little mediastinal emphysema in CT. In endoscopic removal of dental prosthesis with sharp clasp from the esophagus, horizontal rotation technique is throught to be useful.

収録刊行物

  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy  

    日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 49(3), 348-352, 2007-03-20 

    一般社団法人 日本消化器内視鏡学会

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018884241
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192102
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871207
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ