皮膚アレルギー性疾患治療の新戦略 A new type antigen treatment strategy of gene therapy for atopic dermatitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

難治性成人型アトピー性皮膚炎の一部の重症例は根本的な治療法がないのが現状である。現在、核酸医薬外用剤が臨床応用されNF-κBデコイ軟膏は臨床治験の段階に至っている。また、最近、IL-4, IL-13のシグナル伝達に重要な役割をはたすSTAT6をターゲットとしたSTAT6デコイ軟膏を作成しアトピー性皮膚炎のモデルマウスの皮膚炎症反応を抑制することが報告され、さらに臨床研究の段階であるがSTAT6デコイ軟膏が一部のアトピー性皮膚炎患者に有効であることも確認された。今回、このデコイによるアレルギー疾患の治療戦略について論説した。(オンラインのみ掲載)

There are currently no effective therapies for severe atopic dermatitis except for the administration of glucocorticoids or immunosuppressants which have several severe side effects. The transfection of cis-element double-stranded oligodeoxynucleotides (ODNs), reffered to as "decoy", has been reported to be a powerful tool and a new type antigen treatment strategy for gene therapy and for study gene transfection. We discussed STAT6 decoy ODN can also inhibit the late phase reaction as an atopic dermatitis mouse model. We also discussed that STAT6 decoy ODN ointment is very effective for the treatment of atopic dermatitis in the clinical studies. (Online only)

収録刊行物

  • 日本臨床皮膚科医会雑誌 = Journal of the Japan Organization of Clinical Dermatologists

    日本臨床皮膚科医会雑誌 = Journal of the Japan Organization of Clinical Dermatologists 24(1), 22-25, 2007-01-15

    Japan Organization of Clinical Dermatologists

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018884436
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1202905X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13497758
  • NDL 記事登録ID
    8730879
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-2095
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ