腫瘍径6cmと3cmの高分化型肝細胞癌の1切除例 Detection and diagnosis of large well-differentiated hepatocellular carcinomas : Case report

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は51歳,男性.B型肝硬変に対してLamivudine内服加療中であった.平成17年10月のdynamic CTで肝S6に径6cmと3cmの後期相で淡いdefectを示す腫瘍性病変が疑われ精査目的にて当科入院となった.入院時AFP 2.8ng/m<i>l</i>,PIVKA-II 31mAU/m<i>l</i>,Child-Pugh Aであった.両者ともSPIO-MRIではリゾビスト<sup>®</sup>の取り込みが見られた.また腹部血管造影では腫瘍濃染はなく,CTAPでは腫瘍内の門脈血流は周囲と比べ低下しているものの内部に門脈血流も観察された.B型肝硬変を背景とした腫瘍の増大の為,高分化型肝細胞癌(以下HCC)の可能性は否定できず狙撃生検を行った.病理結果は両者とも高分化型HCCであり外科紹介となった.高分化型HCCは腫瘍径の増大とともに脱分化するとされており,本症例のように大きくなることは少ない.文献的考察を加え報告する.<br>

We treated a 51 year-old man following admission to our hospital for investigation of liver tumors. The patient had previously taken Lamivudine orally for liver cirrhosis type B. Dynamic computed tomography (CT) performed in October 2005 demonstrated 2 liver tumors, 6 and 3cm in diameter, in the 6th segment. However, tumor staining was not shown by angiography, while portal vein flow was detected in the liver tumors by CT-arterial portography. We diagnosed the tumors as well-differentiated hepatocellular carcinomas (HCCs) from the results of a biopsy and performed surgical resection. Since it is reported that most well-differentiated HCCs are detected as small tumors under 2cm in size and rarely become greater than 3cm, the present case is unusual.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 48(3), 91-96, 2007-03-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018885204
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    8777851
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ