生活習慣病としての肝臓病 : 脂肪肝の急速な増加とその意味するもの Dramatic increase of fatty liver in recent fifteen years probably due to changes of Japanese life-style

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1989年∼1999年の健診受診者において脂肪肝発見率は毎年確実に増加し,11年間に男性では16%から34%,女性でも7.6%から19%へと2倍以上の増加がみられた.2000年以降増加傾向は止まったものの,高率が持続している.脂肪肝発生率は肥満と密接に関連するが,1989年度と1998年度における受診者の平均BMI値はいずれも22kg/m<sup>2</sup>で差がみられず,受診者および脂肪肝群における肥満度にも差はみられなかった.しかしBMI 25以下でも高率となり,同一のBMIの非肥満者においても脂肪肝の著しい増加が明らかになった.生活習慣の変化が増加の一因とされているが,具体的要因はいまだ不明であり,未知の環境要因も含め原因解明は重要な課題であり,消化器専門医による本格的調査·研究が待たれる.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 104(4), 492-500, 2007-04-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018885972
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ