放射線化学療法が奏効した食道癌肉腫の1例 A case of carcinosarcoma of the esophagus treated by the chemoradiotherapy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

患者は82歳男性,主訴は嚥下困難.胸部中部食道に隆起性病変を認め,生検にていわゆる癌肉腫と診断した.放射線化学療法を行ったところ腫瘍の著明な縮小を認め7カ月後にはCRとなったが,約11カ月後に全身転移をきたしまもなく死亡した.剖検では転移巣に肉腫成分を認めた一方で原発巣はCRを維持したままであった.食道癌肉腫に対する放射線化学療法に関する報告は少なく,貴重な症例と考えられた.<br>

A 82-year-old man was admitted into our hospital complaining of dysphagia. Endoscopic examination revealed an elevated tumor in the middle esophagus, and biopsy revealed carcinosarcoma. He underwent chemo-radiotherapy, and the size of tumor decreased remarkably and almost disappeared 7 months later. However, a metastatic lesion appeared 11 months later, and eventually he died. Autopsy revealed a sarcomatous element in the metastatic part, but the primary lesion showed no recurrence. We report herein this rare case of carcinosarcoma of the esophagus that was treated with chemo-radiotherapy.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 104(4), 535-541, 2007-04-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018886132
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ