回腸静脈瘤破裂を呈したアルコール性肝硬変の1例 A case of ruptured ileal varices associated with alcoholic liver cirrhosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は33歳の女性.主訴は下血.アルコール性肝硬変を指摘されている.既往に開腹手術歴がある.上部·下部消化管内視鏡検査を施行したが出血源を認めず.出血シンチグラフィー,上腸間膜動脈血管造影,同動脈造影下CTにおいて回盲部よりの出血と診断し開腹手術を施行した.卵巣と回腸末端の癒着があり,同部に静脈瘤の形成を認めたため回腸部分切除術を行った.門脈圧亢進をともなう消化管出血例で,開腹術既往のある症例では小腸静脈瘤も考慮する必要があると思われた.<br>

The case was a 33-year-old woman with alcoholic liver cirrhosis. Her chief complaint was melena. She had undergone the abdominal operation in the past. Upper and lower gastrointestinal endoscopy did not reveal the bleeding point in the gastrointestinal tract. We diagnosed the bleeding from the ileocecum by the hemorrhage scintigraphy, the superior mesenteric artery angiography, and CT angiography. She had varices at the terminal ileum and adhesion between the ovary and the ileum end. The subtotal resection of the ileum was performed.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 104(4), 561-567, 2007-04-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018886206
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ