十二指腸乳頭部癌を合併した肝吸虫症の1例 : 中国より帰化した女性で経験した Clonorchiasis complicated with duodenal papillary cancer in a visitor from China

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

肝吸虫感染が長期にわたる場合には高率に胆管癌が合併することが知られている.多くは肝内胆管に発生し,十二指腸乳頭部に悪性腫瘍が合併するのはまれである.著者らは来日外国人の十二指腸乳頭部癌を合併した肝吸虫症を経験した.国内での感染例は近年まれだが,国際交流が盛んになるにつれ感染多発地区からの来日外国人でみられる可能性があり注意を要する.Microplate ELISA法は感度·特異度が高く,本症例で有用性が確認された.<br>

It is well known that long-term infection with <i>Clonorchis sinensis</i> often causes bile duct cancer, usually. It occurs in the intrahepatic bile duct. We encountered a rare case of clonorchiasis complicated with duodenal papillary cancer. The patient was a woman from China. Although clonorchiasis is rarely found in Japan, the promotion of international exchange may increase the number of visitors from endemic areas. Thus we must pay sufficient attention to this disease. Also, we reported that the microplate ELISA technique was useful in the diagnosis of clonorchiasis with high accuracy in this case.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 104(2), 213-218, 2007-02-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018886622
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ