経頭蓋磁気刺激による視知覚抑制の神経メカニズム Neural mechanism of visual suppression induced by transcranial magnetic stimulation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

経頭蓋磁気刺激 (Transcranial Magnetic Stimulation, TMS) は, ヒト脳内の神経活動を非侵襲的に「操作」できるユニークなツールであり, 神経活動と知覚との因果関係を問うための重要な実験手段を提供してくれる. しかしながら, その神経活動への作用メカニズムにはいまだ不明な点が多く, 得られた実験結果の解釈に困難を伴う場合が依然少なくない. 本稿では, TMSがいかにして神経活動に干渉効果を与えるのかを理論的に検証すると同時に, 初期視覚野へのTMS印加実験を例に取り上げ, 視知覚に重要な初期視覚野の神経活動の可能性について議論する.

収録刊行物

  • 日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks  

    日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks 14(1), 44-57, 2007-03-05 

    Japanese Neural Network Society

参考文献:  45件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018893627
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11658570
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    1340766X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ