社会・経済指標による河川流域の定量評価の試み Approaches for Quantitative Evaluation of River Basins by Social and Economic Indices

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐合 純造 SAGO Junzo
    • (財)リバーフロント整備センター技術普及部 Foundation for Riverfront Improvement and Restoration
    • 伊藤 一正 ITO Kazumasa
    • (財)リバーフロント整備センター技術普及部 Foundation for Riverfront Improvement and Restoration

抄録

これまで河川流域単位で定量的に議論されてこなかった社会,経済指標に焦点を当てて,全国109の一級水系で定量比較を行った.その結果,流域によって各指標の値に特徴が見られた.また,各指標と河川特性の関係を見るため,河川BOD値を例に取り上げて相関を求めた結果,人口密度,刑法犯認知件数,失業率,高齢化率等と相関が認められた.さらに,これらの指標を変数として主成分分析を行ったところ,第1主成分と第2主成分で50%以上の寄与率が得られて,各主成分はそれぞれ流域の「都市化」,「健全性」の総合指標となり,河川計画や管理への活用の可能性があることを示した.

We evaluated characteristics of 109 A class river basins by social and economic indices and found those indices has typical difference between river basins. Moreover, in regression analysis, water quality (BOD) has strong relationships to population density, crime rate, unemployment rate and aging rate among social and economic indices. Otherwise, in principal component analysis, two principal components represented by social and economic indices have contribution rate of more than 0.5 in total, and show the urbanization and the health of river basins. Those indices and components are useful for the river management in future.

収録刊行物

  • 水文・水資源学会誌 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY & WATER RESOURCES  

    水文・水資源学会誌 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY & WATER RESOURCES 20(2), 106-115, 2007-03-05 

    THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018893726
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10088049
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09151389
  • NDL 記事登録ID
    8742590
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-619
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ