血液存在下における注入充填方法の違いがリン酸カルシウム骨セメント硬化体の圧縮強度に与える影響 : 椎体形成術モデルを用いた検討 Influence of injection methods on maximum compressive strength of calcium phosphate cement in vertebroplasty model

この論文をさがす

著者

    • 武政 龍一
    • 高知大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopedic Surgery, Kochi Medical School
    • 谷 俊一
    • 高知大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopedic Surgery, Kochi Medical School

収録刊行物

  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 50(1), 61-62, 2007-01-01 

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018895219
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00146397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00089443
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ