焼却炉排ガス処理における塩化水素ガスと消石灰粒子の反応 Reaction of Hydrogen Chloride with Hydrated Lime for Flue Gas Cleaning of Incinerators

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ゴミあるいは産業廃棄物焼却炉排ガスから塩化水素ガスなどの酸性ガスを除去する方法として,バグフィルタ上流の排ガス中に消石灰粒子を噴霧する方法がよく用いられる.本研究では,焼却炉排ガスを想定し,300°Cまでの高温において,塩化水素ガスと消石灰粒子との反応機構と反応速度をSTDR(Short Time Differential Reactor)を用いて検討した.その結果,湿潤空気中では消石灰粒子の最終反応率が最大になる温度が存在すること,また,反応速度は塩化水素ガス濃度とともに増加するが,最終反応率は塩化水素ガス濃度によって変化しないことがわかった.さらに,反応生成物のXRD分析を行った結果,塩化カルシウムは全く生成されず,CaClOHのみが生成していることがわかった.このことから,焼却炉排ガスにおいて通常報告されているように,消石灰1モルと塩化水素ガス1モルが反応するといえる.

Injection of dry sorbents, such as pulverized hydrated lime, into flue gas upstream of a bag filter is a common method to remove acid gases in flue gas from municipal and industrial waste incinerators. The present work studied the mechanisms and kinetics of the reaction between hydrated lime particles and hydrogen chloride in a short-time differential reactor (STDR) at elevated temperatures of up to 300°C. As a result, it is found that, in humidified gas, there exists a minimum in the final conversion of hydrated lime with respect to the reaction temperature and that HCl concentration affects only the reaction rate without changing the final conversion. Furthermore, XRD analysis of reacted sorbent revealed that CaClOH is the only reaction product; CaCl<sub>2</sub> is not produced. Therefore, 1 mol of Ca(OH)<sub>2</sub> reacts with 1 mol of HCl, which is commonly reported when Ca(OH)<sub>2</sub> is injected into flue gas of incineration plants.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 33(2), 154-159, 2007-03-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018903497
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    8766350
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ