多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND) Development of multifunctional envelope-type nano-device (MEND) based on the regulation of intracellular trafficking

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

効率的な遺伝子ベクターを構築するためには,細胞への取込みやエンドソーム脱出,核移行などのさまざまな細胞内動態を制御する必要がある.筆者らは,これらを突破するための素子を一つのベクターに搭載するためのベクターとして,多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)の構築に成功した.本ベクターは<I>in vitro</I>のみでなく,<I>in vivo</I>においても腫瘍や毛包細胞に遺伝子を送達可能であることが明らかとなった.また,非ウイルスベクターの細胞内動態をウイルスと比較を行うことで,現在の非ウイルスベクターの弱点が核移行後の発現効率にもあることを明らかとした.

For the development of efficient gene vector, intracellular barriers such as cellular membrane and nuclear membrane must be overcome. To regulate the intracellular trafficking, we have developed a multifunctional envelope-type nano device (MEND), which is useful for the <I>in vivo</I> application.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 22(2), 115-122, 2007-03-10 

    日本DDS学会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018903755
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    8765944
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ