がん治療のための short hairpin RNA 発現ベクターのデリバリー Delivery of vectors expressing short hairpin RNA for cancer therapy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 西川 元也 NISHIKAWA Makiya
    • 京都大学大学院薬学研究科病態情報薬学分野 Department of Biopharmaceutics and Drug Metabolism, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University
    • 高橋 有己 TAKAHASHI Yuki
    • 京都大学大学院薬学研究科病態情報薬学分野 Department of Biopharmaceutics and Drug Metabolism, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University
    • 高倉 喜信 TAKAKURA Yoshinobu
    • 京都大学大学院薬学研究科病態情報薬学分野 Department of Biopharmaceutics and Drug Metabolism, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University

抄録

がんは遺伝子の発現異常と密接に関連することから,その異常を修復することによりがん治療が実現可能である.がん遺伝子やがんの進展・転移に関連する遺伝子の発現を抑制することで,副作用の少ないがん特異的治療が実現するものと期待される.<BR>RNA干渉の発見により,配列特異的な遺伝子発現抑制が現実のものとなった.これまでにsiRNAまたは短鎖ヘアピン型RNA(shRNA)発現ベクターの細胞内導入により,標的遺伝子の発現を効率よく抑制可能であることが報告されている.shRNA発現プラスミドDNA(pshRNA)を用いることで,siRNAと比較して長期間の遺伝子発現抑制が得られる.pshRNAが移行した細胞でのみ遺伝子発現が抑制されることから,RNA干渉の誘導によるがん治療効果を決定する重要な要因としてpshRNAのがん細胞へのデリバリー効率があげられる.<BR>本稿では,がん治療を目的としたpshRNAのがん細胞へのデリバリーについて概説する.

Cancer is linked to abbarent gene expression, so that its correction can be an effective approach to treating cancer patients. Silencing oncogenes or other genes contributing to tumor progression or metastasis will provide a cancer-specific therapy with minimal side effects.<BR>RNA interference has realized the silencing of target mRNA expression in a sequence-specific manner. Both small interfering RNA (siRNA) and vectors expressing short hairpin RNA (shRNA) have been reported to be effective in silencing the genes of interest once they enter target cells. Plasmid DNA expressing shRNA (pshRNA) inhibits the expression of target genes for a longer period of time than siRNA. Because gene expression can be silenced only in cells reached by pshRNA, its delivery to tumor cells is an important factor determining its efficacy on cancer therapy.<BR>Here we review several approaches to delivering pshRNA to tumor cells for cancer therapy.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 22(2), 123-130, 2007-03-10 

    日本DDS学会

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018903769
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    8769013
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ