改良型アデノウイルスベクターを用いた各種幹細胞への遺伝子デリバリー Gene delivery into stem cells by modified adenovirus vectors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 川端 健二 KAWABATA Kenji
    • 独立行政法人医薬基盤研究所基盤的研究部遺伝子導入制御プロジェクト Laboratory of Gene Transfer and Regulation, National Institute of Biomedical Innovation
    • 櫻井 文教 SAKURAI Fuminori
    • 独立行政法人医薬基盤研究所基盤的研究部遺伝子導入制御プロジェクト Laboratory of Gene Transfer and Regulation, National Institute of Biomedical Innovation
    • 水口 裕之 MIZUGUCHI Hiroyuki
    • 独立行政法人医薬基盤研究所基盤的研究部遺伝子導入制御プロジェクト Laboratory of Gene Transfer and Regulation, National Institute of Biomedical Innovation

抄録

アデノウイルスベクターは,遺伝子治療や基礎研究に幅広く用いられている.しかしながら,アデノウイルスベクターの受容体であるCARの発現が乏しい細胞では,アデノウイルスベクターによる遺伝子導入効率は低い.そこで筆者らは,CAR非依存的に遺伝子導入可能な種々のカプシド改変型アデノウイルスベクターを開発してきた.本稿では,これらのカプシド改変型アデノウイルスベクターの特徴と,その応用例として,近年,再生医療分野で注目を浴びている各種幹細胞への高効率遺伝子導入法について解説する.

The application of adenovirus (Ad) vectors, which are widely used in gene therapy, depends on CAR (coxsackievirus and adenovirus receptor) expression on the cells. To overcome this problem, the capsid proteins of Ad vectors have been genetically modified. Here, we introduce several types of capsid-modified Ad vectors. Furthermore, we describe the application of capsid-modified Ad vectors into some kinds of stem cells for regenerative medicine.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 22(2), 148-154, 2007-03-10 

    日本DDS学会

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018903892
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    8769271
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ