多発性骨髄腫における骨セメントによる経皮的椎体形成術の有用性 Efficacy of percutaneous vertebroplasty for multiple myeloma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

多発性骨髄腫(multiple myeloma; MM)では腫瘍性椎体骨折による腰背部痛のコントロールが困難となることが多い。椎体骨折に対し経皮的椎体形成術(percutaneous vertebroplasty: PVP)を行ったので報告する。対象は男性4名,女性1名で,年齢58 (45∼68)歳,PVPを行った椎体は計11椎体であった。施術前のperformance status (PS)は3; 2例,4; 3例であり,全例が床上生活であった。施術後,痛みは著明に改善し,PSは1∼2程度まで改善,化学療法後早期の退院が可能であった。術後に2例で発熱を認めたが1例は肺炎によるもので,その他大きな合併症は認めなかった。PVPは比較的安全に行うことが可能で,疼痛コントロールに有効であり,MMに伴う椎体骨折によりPSの低下した患者には考慮すべき治療法のひとつと考えられた。

Multiple myeloma is commonly associated with bony lesions and skeletal destruction. Percutaneous vertebroplasty (PVP) was performed in five patients with multiple myeloma for vertebral body fractures. Four patients reported a decrease in their pain after the procedure, and in all patients an improvement in their performance status could be noted. Complications included fever in two patients. PVP can be safely and effectively performed in patients with vertebral body fractures caused by multiple myeloma.

収録刊行物

  • 臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology  

    臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology 48(3), 200-203, 2007-03-28 

    The Japanese Society of Hematology

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018910077
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00252940
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04851439
  • NDL 記事登録ID
    8778165
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-295
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ