石巻工場N5M/C改造効果及び操業経験 Remodelling Effects and Operating Experience of ISHINOMAKI PM N5

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

石巻工場N5M/Cは1988年にオンマシンブレードコーターとして稼動した主として薄物中質微塗工紙を抄造している基幹マシンのひとつである。<BR>2005年9月に品質改善,増速・増産,省力化を目的とし,「ワイヤーパートDユニット増設」,「3Pシュープレス化」,「オンマシンホットソフトニップカレンダー増設」,「リールセンターワインド化」,「リリーラ,スーパーカレンダーの廃止」,「ワインダーコア自動供給化」等,大幅な改造を実施し,より競争力のあるオンマシンコーター・オンマシンカレンダーマシンへと生まれ変わった。今回はN5M/Cの改造設備概要・効果及び操業経験について紹介する。

Paper Machine N5 in Ishinomaki Mill started the operation on 1988 as on-line blade coating machine. This is one of the nucleus machines which produces approximately 500-ton of LWC per day.<BR>In 2005 September, in order to achieve following "Quality improvement", "Production increase" and "Reduction of labor", a large-scale remodelling was installed.<BR>(1)On top former conversion<BR>(2)3 P shoe press conversion<BR>(3)On-line hot soft nip calendar addition<BR>(4)Reel center wind conversion<BR>(5)Disuse of the rereeler and super calendar<BR>(6)Automated winder core supply system addition<BR>and so on.<BR>This report is described about the remodelling summary and the latest operation experience of PM N 5.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 61(4), 398-404, 2007-04-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018912752
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8781071
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ