SAQ^【○!R】によるパルプ収率変化の推定 Estimation of Yield Variation in KP Mill

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

クラフトパルプ工場の実操業において,SAQ添加によるパルプ収率の変化を簡便に推定する方法として,黒液中の有機固形分と無機固形分濃度を分析する方法を検討した。<BR>第1に,ラボ蒸解実験を行って得たパルプと黒液を用いて,SAQ添加によるパルプ収率の変化について比較を行った。その結果,黒液分析によって推定された結果と,パルプの重量実測値による結果はほぼ一致し,本法の有効性が認められた。<BR>第2に,複数のクラフトパルプ工場において,SAQ添加によるパルプ収率向上確認テストを行った。蒸解釜から得た黒液を分析し,すべての工場でSAQ添加によるパルプ収率の向上が認められた。

SAQ® has been used as a cooking additive in many kraft pulp (KP) mills. This process is known as "Quinone Cooking". In order to establish a convenient method for estimation of KP yield variation by SAQ addition in pulp mill, analysis of black liquor is investigated.<BR>The yield variations by SAQ addition were compared between analysis of black liquor and actual measurement of pulp weight using the laboratory test sample. This result that estimated the variation of pulp yield was in agreement with the calculated value by actual measurement of pulp.<BR>Mill scale trials were conducted to examine the effect of SAQ. Black liquor samples were used the extracted liquor from a digester. As a result, the increases of pulp yield were observed by analysis of black liquor in all trials.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 61(4), 435-439, 2007-04-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018912767
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8781247
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ