第39回ABTCP(ブラジル紙パルプ技術協会)年次大会参加報告 A Report on ABTCP-TAPPI 2006 : 39^<th> Pulp and Paper International Congress & Exhibition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2006年10月にブラジルのサンパウロでABTCPの第39回年次大会がTAPPIとの共催で開催された。世界各地域の協会代表による特別セッションでの8件の発表と環境,パルプ,計装,紙,回収,エンジニアリングの6セッションで68件の発表がおこなわれた。ABTCPの積極的な海外活動とブラジル紙パ産業の成長を反映して,結構,海外からの発表も多かった。特筆は,併設される展示会の巨大さで,10,000m<SUP>2</SUP>という広さに,250社の展示が行われた。会議後,ブラジルのセニブラ社やチリの日本製紙と三菱製紙のそれぞれのユーカリ植林地を見学し,南米でのユーカリの高い成長性に感心させられた。

The 39<SUP>th</SUP> ABTCP Pulp and Paper International Congress & Exhibition was held in Sao Paulo, Brazil on October 15-18, 2006 co-hosted by ABTCP and TAPPI.<BR>There were 8 special presentations by representative of association of the world and 68 general presentations on 6 sessions.<BR>Reflecting of positive overseas activity of ABTCP and growth of Brazilian pulp & paper industry, there were quite many presentations from foreign countries.<BR>Special mention is enormousness of the attached exhibition. In the area of 10,000 m<SUP>2</SUP>, 250 exhibitions were performed.<BR>After the meeting, I visited eucalyptus afforestations, Cenibra in Brazil and each subsidiary company of Nippon Paper Industries and Mitsubishi Paper Mills in Chile.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 61(4), 460-465, 2007-04-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018912787
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8781537
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ