原紙の表面性が塗工紙の印刷面感に与える影響 : 高温プレカレンダの適用検討 Effect of Surface Properties of Base Paper on Print Quality : Application of Pre-calendering at High Temperature

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

塗工紙の印刷面感不良(インキ着肉ムラ等)は,原紙の地合ムラや塗工量の不均一性に起因すると考えられ,特に低密度で塗工量が少ない中質微塗工紙ではしばしば面感不良が問題となっている。面感不良を改善するためには均質な塗工層を形成する必要があり,原紙配合および表面性,塗料物性,塗工方式等,様々な視点から研究が進められている。<BR>原紙へのプレカレンダ処理はその有効な手法の一つと考えられ,塗料による原紙被覆性を良好にし,均質な塗工層を形成する目的で,プレカレンダの導入は一般的に定着しつつある。本稿では,プレカレンダ処理(ホットソフトニップカレンダで処理温度を変更し処理)し作製した異なる表面性の中質原紙を用いてパイロット塗工を行い,塗工原紙の表面性が印刷面感に与える影響について調査を行った。<BR>プレカレンダ未処理原紙および原紙平滑性が同等となるよう低温(60℃)および高温(130℃)でプレカレンダ処理した原紙に塗工したもので比較すると,低温処理品は未プレカレンダ品と同等の印刷面感であったのに対し,高温処理品は相対的に良好であった。高温で処理した場合,低温処理時に比べ表層がより緻密な構造となることで塗料の浸透が抑制されたためと考えられ,均質な塗工層形成,印刷面感の改善には原紙の平滑性だけでなく,原紙表面の可塑性や塗料浸透性を抑制することが重要であることを確認した。

The uniformity of coating layer is one of the most important properties of coated paper in terms of the print quality. If the coating layer is not uniform, poor print qualities such as mottling in offset printing might be occurred. The uniformity of coating layer is affected by surface properties of base paper such as roughness and porosity, and penetration of coating color into base paper. Pre-calendering is used to improve these properties of base paper, which leads to better coverage and uniformity of coating layer. For the pre-calendering of base paper, hard nip calender has been widely used. On the other hand, hot soft nip calender (HSNC) has been used as post-calender for coated paper. Comparing with conventional method like supercalender or soft nip calender (SNC) , HSNC has advantages as followings, 1) increase of paper density is relatively small, 2) smoothness is higher at the same calendering linear load. In this study, the effect of HSNC for pre-calendering was investigated by comparing with⁄without pre-calendering using SNC (the temperature was different from HSNC) . As a result of this comparison, mottling of LWC was improved by pre-calendering using HSNC. The base paper pre-calendered with HSNC has smaller pore diameter on the surface than that with supercalender or SNC. As a consequent, the coating coverage of base paper was improved by HSNC.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 61(4), 470-476, 2007-04-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018912804
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8781426
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ