短下肢装具の足関節背屈制動に関する一考察 Consideration on the dorsiflexion braking of ankle foot orthosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

片麻痺患者の立位・歩行においてAFOの底屈制動機能が必要不可欠なことは周知のことであり, その報告は多数みられる. 一方, 背屈制動は, 臨床場面において立位・歩行練習を進めていく上で大切な要素の1つであるにもかかわらず, その研究・報告は少ない. 今回, われわれはAFOの背屈制動について検討を要する症例を通じて, 片麻痺患者の歩行の立脚期に及ぼす影響について考察した. 下腿三頭筋や大腿四頭筋の筋トーヌスが低下しており, 下肢支持性が乏しいケースでは, 膝関節固定以前にAFOの足関節背屈制動を第1選択と考え試みる必要がある. 一方, 筋トーヌスが亢進しており下肢支持性が比較的良好なケースでは, 背屈制動はむしろ不要のことが多い. 装具処方においては, 足関節の設定角度と底屈・背屈両方向の制動力が重要な要素であり, 個々の症例に応じて適切に用いる必要がある.

収録刊行物

  • 日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development  

    日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development 23(2), 163-168, 2007-04-01 

    Japanese Society of Prosthetics and Orthotics

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018916823
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1006683X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09104720
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ