構造用木材の強度性能評価法の標準化 Standardization of Testing and Evaluation Method for Full-size Structural Timber Strength in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ISOは2005年に構造用木材の強度試験法とその評価に関する国際規格ISO 13910を公刊しており,これが将来,わが国の規格に反映される可能性がある。しかし,本規格でのせん断など一部の試験法および特性値の誘導法などに不合理な点も散見される。わが国の公式な規格の制定では,国内の試験機器類の仕様と蓄積データの有効利用のための標準化法を考慮に入れて作成されている(財)日本住宅・木材技術センターによる「構造用木材の強度試験法」を参考にし,国内用としてより相応しいものにすることが望ましい。

ISO published the international standard ISO 13910 concerning the testing and evaluation method for full-size structural timber strength in 2005, and this will influence the standard of Japan in the future. However, some irrational points are seen here, such as in the testing method for shearing strength and the rule for deriving the characteristic value. In the establishment of the Japanese official standard, it is necessary to make it suitable for our country, referring to the method proposed by Japan Housing and Wood Technology Center, based on a consideration of the specifications for the testing equipment in Japan and adjustment methods for effective use for the data accumulated domestically.

収録刊行物

  • 木材学会誌  

    木材学会誌 53(2), 63-71, 2007-03-25 

    The Japan Wood Research Society

参考文献:  48件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018919137
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00240329
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00214795
  • NDL 記事登録ID
    8759477
  • NDL 雑誌分類
    ZP21(科学技術--化学・化学工業--木材)
  • NDL 請求記号
    Z17-484
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ