超高強度繊維補強コンクリートを用いたプレストレストスラブの耐火設計および施工 Fire Resistance Design and Construction of Prestressed Slab with Ultra-High Strength Fiber Reinforced Concrete

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本報告では, 超高強度繊維補強コンクリートを用いたプレストレストスラブの耐火性能を記述する。載荷加熱試験を実施した結果, 緊張材の高温時特性を評価・把握することで, 耐火時間を推定できることが分かった。さらに, プレストレストスラブを建築構造物に適用し, その概要を述べる。

The paper first summarizes the findings from loaded heating tests of prestressed slabs made of ultra-high strength fiber reinforced concrete (UFC). Based on the test results, a design procedure was developed for estimating the fire resistance of UFC slabs, taking into account the temperature rise and loss of strength of prestressing steel, both induced by heating during fires. Furthermore, the report provides a brief overview on the process of fabrication and installation of the UFC slabs for the enlargement and refurbishment project of an existing office building in Yokohama, Japan.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 45(7), 38-45, 2007-07-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018920578
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    8878961
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ