高強度繊維補強モルタルを使用したPC構造物 Prestressed Concrete Structures made with High Strength Fiber Reinforced Mortar

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

設計基準強度が120MPaの高強度繊維補強モルタルを開発し, これを低桁高PC橋や塔状構造物に適用するための検討を行った。高強度繊維補強モルタルの各種材料試験, PC梁供試体や塔状供試体の載荷実験, 等を行った結果, 高強度繊維補強モルタルを使用した低桁高PC橋および塔状構造物の実用化は十分可能であることが確認された。高強度繊維補強モルタルは低桁高PC橋および塔状構造物に実際の構造物として採用され, 通常のコンクリートでは不可能なPC構造物を経済的に実現できることが確認された。

High strength fiber reinforced mortar was developed and its applicability for towers and low height bridge girders was studied. Various material experiments and the loading experiments of tower and girder specimens were conducted. As a result, it showed that it is possible to construct the towers and low height bridge girders by high strength fiber reinforced mortar. High strength fiber reinforced mortar was already applied to the low height bridge girders and towers. In addition, it can be economically applied to the prestressed concrete structures whereas ordinary concrete cannot be adopted.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 45(7), 46-53, 2007-07-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018920589
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    8879007
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ