発酵リキッド飼料を給与した豚ふん便の16s rDNA配列を用いた菌叢解析 Investigation of Fecal Microbial Community Structure Using 16s rDNA Sequence in Pigs Fed Fermented Liquid Feed

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 角川 幸治 KAKUGAWA K.
    • 広島県立総合技術研究所食品工業技術センター Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center
    • 山内 慎也 YAMAUCHI S.
    • 広島県立総合技術研究所食品工業技術センター Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center
    • 土屋 義信 TSUCHIYA Y.
    • 広島県立総合技術研究所食品工業技術センター Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center

抄録

食品残さを原料にした発酵リキッド飼料を豚に給与することで、ふん便中のFirmicutesの存在比率が上昇した。試験区のみで存在比率が上昇した菌については、Eubacterium tortuosumの近縁種であることは分かったが、相同性が86%と低かったため菌名の特定は出来なかった。また、この菌叢変化が豚に与える影響については、増体成績が良好であったこと、下痢などの体調不良を起こさなかったことなどから、少なくとも豚にとって害になるような菌叢変化ではないと考えられた。一方、スターターとして添加したLactobacillus plantarum A305は、胃酸耐性の不足から、豚腸内への定着が不十分であることが分かった。このため、試験区と対照区の間で、期待したほどのプロバイオティック効果が出なかったものと考えられた。しかし、菌叢の変化自体は起こっていたため、乳酸菌の死菌体もしくは乳酸発酵時の代謝物の影響によって菌叢が変化したものと考えられた。

収録刊行物

  • 日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science  

    日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science 44(2), 40-50, 2007-06-10 

    日本養豚学会

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018920656
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10202971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913882X
  • NDL 記事登録ID
    8878626
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1082
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ