豚乳汁中ビタミンE濃度の推移 Changes in Vitamin E Concentrations in Sow's Milk

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

豚乳汁に含まれるビタミンE(V.E)濃度を分娩から離乳時まで測定し、V.E濃度の推移、初乳中V.E濃度と血漿中あるいは赤血球中V.E濃度との関連、さらに乳汁中のV.E濃度とSe濃度との関連について検討した。乳汁中V.E濃度は、分娩当日の初乳で最高値(17.8μg/ml)となり、分娩後4日目までは高い値(平均14.9μg/ml)を示したが、その後は低下し、離乳時すなわち分娩後21日目で最低値(3.1μg/ml)となった。分娩予定日7日前の血漿中V.E平均濃度は4.05μg/ml、赤血球中V.E平均濃度は0.47μg/mlであり、初乳中V.E濃度と血漿中V.E濃度との間には有意の相関(r=0.5004、p<0.05)があり、さらに、乳汁中のV.E濃度とSe濃度との間にも、有意の高い相関(r=0.649、p<0.01)があった。

収録刊行物

  • 日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science  

    日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science 44(2), 59-65, 2007-06-10 

    日本養豚学会

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018920695
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10202971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913882X
  • NDL 記事登録ID
    8878644
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1082
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ