McCune-Albright 症候群におけるGs α変異と骨病変 : Fibrous dysplasia 組織由来の細胞によるIL6産生増加を介する機序 The role of Gs α mutation in the pathogenesis of bone disease in McCune-Albright syndrome : increased IL6 production by the mutated fibrous cells

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本先天代謝異常学会雑誌  

    日本先天代謝異常学会雑誌 11(2), 53, 1995-10-05 

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018922906
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10068981
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09120122
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ