光沢苔癬 : 当科経験例の集計と考察を加えて A Case of Lichen Nitidus (LN) : Statistical Analysis of 25 Cases with LN in our Hospital

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

光沢苔癬の典型例1例を提示すると共に,当科で経験した詳細が明らかな25症例について集計し,その発症年齢,部位および時期,合併症の有無,組織像の特徴,経過などについて検討した結果を報告する。平均発症年齢は18.9歳で,男女比は1.8:1.0であった。春から夏の発症例が大半を占め,日光との関連性が示唆された。合併症で比較的多いのはアトピー性皮膚炎であった。組織学的所見は,リンパ球,組織球の浸潤に巨細胞を混じるなど肉芽腫性反応が目立つのが特徴であった。本症は一般的にvery strongクラスのステロイド外用剤が効果的であるが,一部の症例では自然寛解もあるものと思われた。

We present typical cases of Lichen Nitidus based on the findings of 25 patients with obvious symptoms who had been treated in our department and for whom we statistically analyzed the age, site and season of onset, the presence of complications, the characteristics of the histopathological findings, and the disease progress. The mean age of onset was 18.9 years old, and the ratio of male to female patients was 1.8: 1.0. Most patients exhibited an onset between spring and summer, thus suggesting a relationship with sun exposure. Atopic dermatitis was a relatively common complication. Regarding the histopathological findings, granulomatous reactions such as infiltration of the lymphocytes and histiocytes complicated with giant cells were characteristically observed. Regarding the treatment of this disease, strong topical steroids are generally effective, but a spontaneous improvement of symptoms is also considered possible in some patients.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 64(2), 170-172, 2002-04-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018924816
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869784
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ