腹壁全体に硬結を呈した胃癌の皮膚転移の1例 Skin Metastasis of Gastric Carcinoma in a Patient with a Widespread Subcutaneous Induration of the Abdominal Wall

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 今福 信一 IMAFUKU Shinichi
    • 広島赤十字・原爆病院皮膚科 Division of Dermatology, Hiroshima Red Cross Hospital and Atomic Bomb Survivors Hospital
    • 占部 和敬 URABE Kazunori
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 古江 増隆 FURUE Masutaka
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University

抄録

74歳男性。1999年4月に肺扁平上皮癌を指摘され,放射線療法,化学療法併用により部分寛解となった。その経過中に吐血し,内視鏡にて胃癌を指摘され,1999年8月胃全摘術を施行された。2000年3月当科初診時は,ほぼ腹壁全体に紅色調の板状硬結が認められた。組織学的には真皮から皮下脂肪組織にわたりびまん性に,印環細胞を混ずる腫瘍細胞の浸潤が認められた。リンパ管の拡張,及びリンパ管内腫瘍塞栓像は認めなかった。腹部CTでは肝転移およびリンパ節転移の所見は認められなかったが,広い範囲に癌性腹膜炎の所見が認められた。転移の経路として血行性,リンパ行性の経路よりも広範囲な癌性腹膜炎からの直接浸潤が推察された。

We report the case of a 74-year-old man with widespread subcutaneous induration of the abdominal wall who had undergone a total gastrectomy 8 months before examination at our hospital. A histologic examination of a skin biopsy specimen revealed an infiltration of atypical carcinoma cells, including signet ring cells, from the dermis through subcutaneous tissue. Hyperplasia of the collagen fibers was also observed in the dermis, but there were no carcinomatous emboli in the dermal lymphatic vessels. The images of an abdominal CT scan suggested the presence of massive peritonitis carcinomatosa without any signs of lymphadenopathy or hepatic metastasis. Metastasis was thus thought to have occurred due to a direct invasion from the widespread peritonitis carcinomatosa.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 64(2), 200-202, 2002-04-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ