メラノーマ患者におけるRT-PCR法を用いたセンチネルリンパ節微小転移発見の試み Detection of Micrometastases in Sentinel Lymph Nodes of Melanoma Patients by RT-PCR

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 師井 洋一 MOROI Yoichi
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 小幡 千景 OBATA Chikage
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 藤田 尚平 FUJITA Shohei
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 柴田 智子 SHIBATA Satoko
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 小西 さわ子 KONISHI Sawako
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 段 虹 DUAN Hong
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 西郷 しおり SAIGO Shiori
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 深川 修司 FUKAGAWA Shuji
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 田代 あかり TASHIRO Akari
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 豊田 美都 TOYOTA Mito
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 柳原 憲一 YANAGIHARA Kenichi
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 占部 和敬 URABE Kazunori
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 古賀 哲也 KOGA Tetsuya
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University
    • 古江 増隆 FURUE Masutaka
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Science, Kyushu University

抄録

早期悪性黒色腫におけるセンチネルリンパ節生検はその有用性が認められ治療のスタンダードとなってきた。しかし,メラノーマの微小転移を検出するためにはルーチンの病理組織学的検討において多数の連続切片を作成し,従来のHE染色に加えて免疫組織学的検討をも施行する必要がある。この煩雑な診断過程をより簡便にまた確実にする目的で,我々はセンチネルリンパ節のRT-PCR法によるメラノーマ細胞検出を施行している。メラノーマ特異抗原であるチロシナーゼMART-1, gp100を特異的プライマーで増幅し,センチネルリンパ節内のわずかなメラノーマ細胞を検出する。また生物学的偽陽性の可能性より我々はRT-PCRで陽性の場合,組織学的に再検討する方針としている。

Although biopsy of sentinel lymph nodes (SLNs) has become a standard procedure for patients with melanomas, detection of micrometastases in SLNs is still difficult. To overcome this problem, we have been using RT-PCR for detection of micrometastases in SLNs. Metastatic melanoma cells in an SLN are identified with very high sensivity by RT-PCR by using primer sets of melanoma-specific antigens, such as tyrosinase, MART-1 and gp100. Histopathological re-examination is required when RT-PCR reveals positive results, because biological false-positive results are relatively frequent in RT-PCR detection of micrometastasis.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 64(2), 211-217, 2002-04-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018924982
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869784
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ