ステロイド外用剤による硬毛部急性深在性白癬の1例 A Case of Trichophytia Profunda Acuta of the Terminal Hair

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

49歳男性の陰部,大腿部,下腹部に生じた硬毛部急性深在性白癬の1例を報告した。患者は同部位に約6ヵ月間ステロイド外用剤を使用し,また角質増殖型足白癬が認められた。病変部の鱗屑および生検組織から培養された菌株は,いずれも<I>Trichophyton rubrum</I>と同定された。4週間のテルビナフィン125mg/日内服で略治した。

We report a case of trichophytia profunda acuta of the genitals, the groin and the lower abdomen in regions with thick body hair. The patient, a 49-year-old man, had applied fluocinonide ointment to the affected areas for 6 months. Tinea pedis was also noticed. From cultivation of a biopsy specimen and from scales removed from the infected areas, the fungus was identified as <I>Trichophyton rubrum</I>. The symptoms resolved after 4 weeks of oral administration of Terbinafin at a dose of 125mg/day.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 64(3), 323-326, 2002-06-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ