Aquagenic Palmoplantar Keratoderma の1例 A Case of Aquagenic Palmoplantar Keratoderma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

19歳,女性。1ヵ月前より両手を水に浸けると,手掌·指腹が約1分で著明に白色浸軟化し,腫脹感と疼痛を覚えるようになった。両手を水から出し乾燥させると上記症状は約20分で消退し,繰り返すうちに次第に手掌が角化してきた。両手の浸水試験を行い上記症状の再現を認め,いわゆる「hand-in-the-bucket」signが陽性であり,aquagenic palmoplantar keratodermaと診断した。我々が調べ得た限りでは本邦で同様の症例の報告はまだないようである。

A 19-year-old female presented with a tightening sensation on her palms after contact with water of one month's duration. After immersion in water, her palms became edematous and demonstrated a whitish pebbly appearance with in one minute. About 20 minutes after drying, the skin returned to normal. This is the first report of aquagenic palmoplamtar keratoderma in Japan.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 64(6), 693-697, 2002-12-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018926304
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869784
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ