Critical Commentary : to "A Case of Pleomorphic T-Cell Lymphoma with a High Content of Reactive Histiocytes Presented with Hypereosinophilia"

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Pathology, research and practice  

    Pathology, research and practice 191(5), 470, 1995-05-01 

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018929171
  • NII書誌ID(NCID)
    AA00769966
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    03440338
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ