メイラード反応を利用したキシロビオース糖化 β-Lactoglobulin のラジカル捕捉能の向上 Improved Radical Scavenging Activity of β-Lactoglobulin-xylobiose Modified by the Maillard Reaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 矢島 絢介 YAJIMA Kensuke
    • 酪農学園大学大学院酪農学研究科 Department of Food and Nutrition Sciences, Graduate School of Dairy Science Research, Rakuno Gakuen University
    • 小野寺 秀一 ONODERA Shuichi
    • 酪農学園大学大学院酪農学研究科 Department of Food and Nutrition Sciences, Graduate School of Dairy Science Research, Rakuno Gakuen University
    • 竹田 保之 [他] TAKEDA Yasuyuki
    • 酪農学園大学大学院酪農学研究科 Department of Food and Nutrition Sciences, Graduate School of Dairy Science Research, Rakuno Gakuen University
    • 加藤 勲 KATO Isao
    • 酪農学園大学大学院酪農学研究科 Department of Food and Nutrition Sciences, Graduate School of Dairy Science Research, Rakuno Gakuen University
    • 塩見 徳夫 SHIOMI Norio
    • 酪農学園大学大学院酪農学研究科 Department of Food and Nutrition Sciences, Graduate School of Dairy Science Research, Rakuno Gakuen University

抄録

メイラード反応を利用してβ-lactoglobulin (β-LG)に,xylobioseを導入した.得られたβ-LG-xylobioseの<i>in vitro</i>における抗酸化活性をβ-LG-lactoseと比較検討した.7日間の反応を行ったところ,β-LG-xylobioseの分子量はSDS-PAGE分析により19-22 kDaと推定され,MALDI TOF-MS分析から約21 kDaを中心に多く分布していることがわかった.ガスクロマトグラフィー分析を行ったところ,xylobioseがβ-LGに結合していることが確認された.また,β-LG-xylobiose 1 mg当たり108 μgのxylobioseが結合したと算出され,遊離ε-アミノ基は約40%に減少したと算出された.DPPHを用いたラジカル捕捉能試験の結果より,β-LG-xylobioseはβ-LGよりも高いラジカル捕捉能を有していることが明らかになり,β-LG-lactoseのラジカル捕捉能よりも高かった.この結果より,xylobioseはタンパク質の糖化修飾における修飾糖として適したオリゴ糖と考えられる.以上の結果より,メイラード反応を利用したxylobiose糖化修飾によってβ-LGのラジカル捕捉能が向上することが確認された.

β-Lactoglobulin (β-LG) was modified and conjugated to xylobiose using the Maillard reaction. The antioxidant activity of the Maillard reaction product, β-LG-xylobiose, was measured <i>in vitro</i> and compared to that of conjugated β-LG-lactose. The reaction for 7 days led to conjugated β-LG-xylobiose with a relative molecular mass ranging between 19 and 22 kDa based on SDS-PAGE analysis. It is confirmed that xylobiose bound to β-LG by gas-liquid chromatography. One milligram of conjugated β-LG-xylobiose contains 108 μg of xylobiose, while the available ε-amino group content decreased to 40% after the Maillard reaction. Conjugated β-LG-xylobiose had a higher radical scavenging activity than free β-LG. As the modification by xylobiose had a higher efficiency than the modification by lactose, it is found that xylobiose is a useful oligosaccharide for protein modification. Furthermore, the radical scavenging activity of β-LG was improved by modification with xylobiose.

収録刊行物

  • Journal of applied glycoscience  

    Journal of applied glycoscience 54(3), 165-168, 2007-07-20 

    日本応用糖質学会

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018930685
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11809133
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13447882
  • NDL 記事登録ID
    8902031
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ