ステロイドパルス療法でクリーゼに陥り高乳酸血症にジクロロ酢酸ナトリウム(DCA)が著効したミトコンドリアDNA欠失を伴った汎血球減少症の一例 A case of pancytopenia with mitochondrial DNA deletion, crisis after steroid pulse therapy and effectiveness of dichloroacetate therapy to lactic acidosis

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本先天代謝異常学会雑誌  

    日本先天代謝異常学会雑誌 12(2), 244, 1996-10-15 

参考文献:  2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018939594
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10068981
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09120122
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ