避妊手術後に発情回帰した雌猫における卵巣の再生 Regeneration of Ovarian Tissue in Ovario-hysterectomized Cats with Recurrent Estrus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1988~1995年に経験した避妊手術後の雌猫の発情回帰例4例について, 開腹手術による検索を行い, 全例で残存卵巣靭帯付近に腫瘤を検出した. 病理組織学的検索を行った2例では, 発育段階の異なる卵胞, 黄体を含む卵巣であることを確認し, その発生部位から手術失宜による卵巣組織の残留とは無関係のものであることが確認された.

Four female cats with recurrent strong and continuous heat signs 2 months to 3 years after ovariohysterectomywere subjected to re-operation and shown to have masses around the stump of the suspensoryligament of the ovary or mesosalpinx. Histopathology of the 2 cases revealed that they were theregenerated functional ovaries.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 49(11), 809-812, 1996-11-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018940772
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4078402
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ