グラム陰性菌感染症におけるリポ多糖抗原の免疫組織化学的検出 Immunohistochemical Detection of Lipopolysaccharide in Gram-negative Bacterial Infection

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

病性鑑定材料のホルマリン固定パラフィン切片上で, グラム陰性菌を免疫組織化学的に識別できるか否かをリポ多糖 (LPS) に対する抗血清を用いて検討した. 抗LPS血清は検索したすべてのグラム陰性菌感染症例で交差陽性反応を示した. これらの症例では, 抗LPS血清を病変部の菌体や浸潤炎症性細胞の細胞質に陽性反応を示し, 各菌種に対する特異抗血清の反応性とほぼ一致していた. また, 一部の症例では菌種に特異的な抗血清に明瞭な反応のみられない壊死巣周囲の線維性肉芽組織中のマクロファージや巨細胞の細胞質にも, LPS血清の陽性反応が認められた. 本法によってパラフィン切片上の病変部でグラム陰性菌のLPS抗原を検出することができた.

Detection of a common antigen of Gram-negative bacteria was attempted with immunohistochemistry on formalin fixed paraffin sections. An anti-lipopolysaccharide (LPS) rabbit serum widely reacted with gramnegative bacterial antigens in the lesions. In addition, the anti-LPS serum was reactive with the bacterial antigens in the cytoplasm of infiltrated macrophages and giant cells in fibrous tissues where the species specific antisera were not reactive.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 49(10), 714-719, 1996-10-20 

    日本獸医師会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018940827
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4057972
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ