黒毛和種牛肝臓の好酸球性静脈炎の病理学 Pathology of Eosinophilic Phlebitis in the Liver of Japanese Black Cattle

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1992年4月~1994年5月までに福岡察でと殺された黒毛和種牛57頭およびF<SUB>1</SUB>牛1頭の肝臓に好酸球性静脈炎が認められた. 肉眼的に肝臓の表面には灰白色の管状~樹枝状病変がみられ, この病変は, 特に辺縁部に好発する傾向にあった. 病理組織学的に肝内門脈枝の拡張, 内膜細胞の絨毛状増殖, 著しい好酸球浸潤, 平滑筋の著しい増生, 小葉間結合織の増殖が認められた. 本病変の発症には, 特異的に黒毛和種牛に多くみられたことから, 遺伝的影響の関与が疑われた.

In 58 cases of Japanese Black cattle slaughtered in Fukuoka Prefecture from April 1992 to May 1994, eosinophilic phlebitis was detected in the liver. The tube-like or twig-like form lesions were seen on the surface of the liver. Histopathology revealed expanded interlobular veins, villous proliferation of endothelium, remarkable eosinophil infiltration, smooth muscle hyperplasia and proliferation of interlobular connective tissue. The occurrence of this lesion was presumed to participate the hereditary influence, because this lesion was seen on Japanese Black cattle characteristically.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 49(10), 751-754, 1996-10-20 

    日本獸医師会

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018940913
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4057978
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ