黒毛和種肥育牛の急性肝炎例における血清リポ蛋白 Serum Lipoproteins of Fattening Japanese Black Cattle with Acute Hepatitis

この論文をさがす

著者

抄録

黒毛和種牛の肥育末期に起こる急性肝炎による血清リポ蛋白の変化を疾患牛12頭, 健康牛20頭を用いて調べた. 急性肝炎発症牛の血清リポ蛋白はVLDLとLDL分画が著しく増加し, HDL分画では正常なサイズのHDL粒子の減少が認められた. これらのことから, 急性肝炎発症牛ではVLDLの異化障害とHDL粒子の生成異常をともなったリポ蛋白代謝異常が起こっていると推測された.

Serum lipoproteins of 12 acute hepatitis cases were compared with those of 20 clinically healthy controls in Japanese black cattle at the final stage of fattening. VLDL and LDL fractions in sera were markedly higher in cattle with acute hepatitis than in controls. Acutehepatitis cases also showed remarkable decrease in HDL with normal particle size. These findings suggested that acute hepatitis induces an abnormal lipoprotein metabolism associated with disorders of VLDL catabolism and of HDL particle formation.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 49(9), 612-614, 1996-09-20 

    日本獸医師会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018940947
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4068817
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ