犬の環軸椎亜脱臼6症例に対する腹側固定法 Ventral Stabilization for Atlantoaxial Subluxation in Six Dogs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

犬の環軸椎亜脱臼6症例に対して, Kirschnerピンおよびメチルメタクリレート (骨セメント) を用いて腹側固定法を実施した. 術後, すべての症例で頸部疼痛が消失し, 歩様の改善が認められ, 再発はみられなかった. 術中の呼吸状態は安定し, 直視下で容易に環軸椎関節を正常位に整復することができた. 術後45日でピンの遊走がみられた1例と一時的な喉頭喘鳴音が聞かれた他の1例を除いて有意な術後の臨床所見は認められなかった.

Ventral stabilization using Kirschner's pins and methylmethacrylate (bone cement) was conducted in six dogs with atlantoaxial subluxation. After the operation the cervical pain disappeared and the walking ability was significantly improved in all cases without recurrence. The reduction of the atlantoaxial joint was easily performed, and the respiration was stable during the operation. No distinct clinical post surgical signs appeared except for loosening of the tightened pins in one of 6 cases 45 days after operation and temporary laryngeal stridor in another case.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 49(9), 645-649, 1996-09-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018941010
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4068822
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ