雌猫における酢酸クロルマジノンインプラント剤の発情抑制効果 Prevention of Estrus in Queens by Chlormadinone Acetate Implant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

酢酸クロルマジノン (CMA) 20mg含有シリコン樹脂製インプラント剤1本を10頭の雌猫に埋植 (投与量: 5.3~9.1mg/kg) して発情抑制効果を検討したところ, 最小投与量5.3mg/kgで134カ月の発情抑制効果を認めた. CMA埋植12カ月後の卵巣では卵胞はすべて閉鎖像を示し, 機能性の黄体は認められず, 子宮内膜の肥厚像, 子宮腺の増生がみられた. 3例には軽度の子宮内膜嚢胞状過形成が認められた. CMA埋植後に妊馬血清ゴナドトロピン (PMSG) を投与された3例では発情誘発が阻止されたが, PMSGで発情誘発後にCMAを埋植した3例では排卵が抑止されなかった.

The effect of subcutaneous implantation of a silicon implant containing 20mg chlormadinoneacetate (CMA)(Doses implanted: 5.3-9.1mg/kg) on the prevention of estrus was investigated in 10 queens. Estrus was completely prevented during 13.4 months at a minimum dose of 5.3mg/kg. At removal of the implant, the ovaries had no functional corpus luteum and all follicles were atretic, and the uterus showed endometrial hypertrophy and proliferated uterine glands. A slight cystic hyperplasia of the endometrium was observed in 3 queens. In 3 queens implanted with CMA prior to the pregnant mere serum gonadotropin (PMSG) treatment, estrus was prevented, whereas ovulation was not prevented in 3 queens implanted with CMA wasafter estrus induction by PMSG.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 49(9), 650-654, 1996-09-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018941023
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4068823
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ