バルク乳と個体乳の Staphylococcus aureus 汚染状況および分離株のエンテロトキシン型別 Enterotoxigenicity of Staphylococcus aureus Isolates from Bulk and Individual Cow Milks

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

97農場のバルク乳および12農場の搾乳牛221頭の生乳から<I>Staphylococcus aureus</I>の分離を行ったところ, 直接培養により12農場のバルク乳 (12.4%) から, 増菌培養により20農場 (20.6%) から本菌が分離された. 個体乳検査では, バルク乳から分離された5農場中4農場と分離されなかった7農場中2農場で, 20頭 (9.0%) から本菌が分離された. 分離株8株は, <I>S. aureus</I>エンテロトキシン (SE) を産生し, SE型別は, SEA3株, SEB4株, SEA・SEB1株であった. 以上の成績から, 農場毎のバルク乳からの<I>S. aureus</I>分離により牛群の保菌状況を推察できることが示唆された.

Individual milk samples from 221 cows in 12 herds and bulk milk samples from 97 herds wereexamined for<I>Staphylococcus aureus</I>.S.<I>aureus</I>was isolated from bulk milk samples of 12 farms (12.4%) by direct culture and from additional 8 farms (8.2%) by enrichment culture, while from 20 (9.0%) individual milks from 4 of 5 herds where S.<I>aureus</I>was isolated from bulk milk samples and 2 of 7 where it was not isolated. Enterotoxigenicity was detected in 8 isolates, and 3, 4 and 1 of them were of types SEA, SEB and SEA-ESEB, respectively. The results suggested that bulk milk culture might be indicative of microbial pollution of thedairy herd.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 49(9), 666-668, 1996-09-20 

    日本獸医師会

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018941074
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4068826
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ