黒毛和種およびヘレフォード種子牛における末梢単核球サブクラスとマイトゲン反応 Peripheral Mononuclear Cells Subclasses and their Mitogenesis of Japanese Black and Hereford Calves

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

同一凸牧野で飼養された7~21日齢の黒毛和種およびヘレフォード種子牛について血漿IgG濃度を測定するとともに, 末梢単核球のCD2, 4および8抗原, 表面免疫グロブリン (SIg) 陽性細胞, T細胞マイトゲンに対する反応性を調べた.各CD抗原陽性細胞の絶対数と比率ならびに血漿IgG濃度には品種間の差は認められなかったが, 黒毛和種子牛のSIg陽性細胞絶対数と比率は, 黒毛和種子牛がヘレフォード種子牛に比べて有意に低かった.

Japanese Black and Hereford calves aged 7 to 21 days reared in a farm were examined for CD2, 4 and 8 antigens, surface immuno-globulin (SIg) of peripheral mononuclear cells (PMC), and plasma IgG. The numbers and percentages of SIg positive cells in PMC in Japanese Black calves were significantly less than those of Hereford, while there were no significant difference in T cell subsets, mitogen responses and IgG concentration between the two.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 49(7), 443-445, 1996-07-20 

    日本獸医師会

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018941437
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    3995763
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ