犬の膝蓋骨内方脱臼の発生状況 Incidence of Medial Patellar Luxation in Dogs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1994年1月~6月までの間, 埼玉県所沢市, 神奈川県横浜市を中心に診察した超小型および小型犬419頭中, 212頭に膝蓋骨内方脱臼が認められた.このうち両側性は146頭, 片側性は66頭であった.Singleton (1969) の重篤度分類によれば, 第I度32.7%, 第II度46.7%, 第III度18.4%, 第IV度2.2%であった.

In 212 of 419 dogs of small breeds examined in Tokorozawa and Yokohama from January to June 1994 were diagnosed as medial luxation of the patella, it was 146 bilateral and 66 unilateral. The cases were of Grades II (46.7%), I (32.7%), III (18.4%) and IV (2.2%) of the Singleton's Grading System.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 49(1), 35-37, 1996-01-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018942531
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    3918778
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ