育成牛の第二胃内鋭性金属異物に対するマグネットの効果 Effect of Magnet for Growing Heifers with Metallic Foreign Bodies in the Reticulum

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

入牧時のX線透視検査において, 第二胃内に鋭性金属異物が観察された14頭の平均体重は, 第二胃内に砂粒のみが観察された45頭に比べて低い傾向にあった. これらの14頭に, ただちにマグネットを投与した結果, 入牧後120日目の測定では, マグネット投与牛は日本ホルスタイン協会の基準増体量以上の群に有意に多く, 第二胃内に鋭性金属異物が存在せずかっマグネットを投与しなかった45頭の発育に近づいた. この傾向は, 入牧時の検査で第二胃壁に金属異物の刺入が観察された群でも同様であった.

The body weights (BW) of 14 heifers with pointed metallic foreign bodies (PMFB) in the reticulum were lower than those of 45 heifers without PMFB. After administration of the rare earth magnet, the daily weight gain was improved in the 14 heifers with PMFB, reaching in 120 days almost the BW of 45 heifers same level as those without PMFB. The effect was more remarkable in heifers with PMFB sticking to the reticular wall.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 48(12), 941-944, 1995-12-20 

    日本獸医師会

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018942630
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    3644067
  • NDL 刊行物分類
    RB83(畜産--家畜--牛)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ